お知らせ

パワーセッション

2017年2月24日 金曜日 配信

 

日  程

場  所

 2017年5月6日(土曜日)

スペースアルファ三宮

概  要

参加者であるコンサルタント、研修講師、税理士・社労士の方々が講師本山に自己案件について相談。案件の進め方、業務設計についてアドバイスをもらい気づきが得られる

費  用(税別)

10,000円

期待効果

●体験による経営者感覚の養成・企業のフレームワークの理解

●収益構造や採算の理解によって利益を生み出すメカニズムを学ぶ

対  象 ● プロの研修講師
● プロのコンサルタント

マネジメントゲーム

2017年2月24日 金曜日 配信

 

日  程

場  所

 2017年4月22日(土曜日)~4月23日(日曜日)

スペースアルファ三宮

概  要

Sonyとマネジメント・カレッジ社との共同開発による経営シュミレーション研修です。参加者一人一人が経営者となって意思決定を行い、シュミレーションを通した体験による気づきとセッションごとの討議や解説による考え方や知識を身につける研修です。

特別講師として荻野昌徳さんをお迎えいたします。

 

費  用(税別)

50,000円(別途テキスト代金5,000円)
期待効果

●体験による経営者感覚の養成・企業のフレームワークの理解

●収益構造や採算の理解によって利益を生み出すメカニズムを学ぶ

対  象 ● プロの研修講師
● プロのコンサルタント
● 企業の経営者、管理職
● マネジメントゲームに興味のある方
カリキュラム

    1日目

10:00 

 1.イントロダクション

    研修概要説明

 2.第1期練習 ゲーム

    ルール説明

12:00 昼食

13:00

 3.第2期ゲーム

 4.決算同時進行

 5.株主総会

 6.第3期ゲーム

17:00 ※終了予定

   2日目

10:00

1.決算

2.株主総会

3.戦略会計

4.経営計画

12:00 昼食

13:00

5.経営計画

6.第4期ゲーム

7.決算

8.株主総会

9.振返り

17:00 ※終了予定

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第28回 OD系(8)行動プロセスマップ 

2017年2月24日 金曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

この「知識」というものをどう取り扱うか、
いろいろと研究がなされました。

そして、行動プロセスマップもまた、
それを明らかにしようとする新しいアプローチのひとつです。

どんな仕事を対象にでもできるのですが、
いわゆる「名人」「達人」といわれる人の
頭の中にある思考パターンを、
ポストイットのようなカードに「行動レベル」
で切り分けてゆき、それをモジュール化したうえで、
大きなストーリー上にマップ化するものです。

もちろん、アウトプットのマップも
なかなか面白いのですが、それを作成するプロセスで、
名人とその弟子たちが一緒にワイガヤする場面が、
まるで高度成長時の先輩と後輩の議論のように
熱っぽくなります。

私にとって、好みのWell-Beingプロセスですね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

開催予定の講座・イベント

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週末やアフター5の時間をつかって、
ビジネスやコミュニケーションに
役立つスキルを学んでみませんか? 

コーチングやファシリテーションのほか
「Well-Being」をテーマにしたセミナーが充実しています。 

お気軽にご参加ください。

■2017/3/11(土) 10:00-18:00 三宮
SCP-8本山塾 公開講座 
・・・サイコドラマから生まれた・・・
 【プレイバックシアター】
今回はゲストに渡辺美佐子さんをお招きして
の1日体験講座となっています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第27回 OD系(7) ナレッジ・マネジメント

2017年2月23日 木曜日 配信

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

これも面白いアプローチです。
ナレッジ・マネジメントという概念が、
1990年代の最後になって、
ドラッカーによって提唱されます。

以下は、 P.F ドラッカー
【プロフェッショナルの条件:2000年 上田訳】からの抜粋です。

これからのわれわれにとっての、
新しいマネジメントの定義は、
「知識の適用と、知識の働きに責任をもつもの」ということになるだろう。

※このような定義の変化は、「知識」が
中心的な資源と見られるようになったことを意味する。

今日では、土地、労働、資本は制約条件でしかない。
それらのものがなければ、もちろん「知識」
といえども、何も生み出せない。

経営者がマネジメントの仕事をすることもできない。

すでにわれわれは、効果的なマネジメント、
すなわち「知識」の「知識」に対する適用が行われさえすれば、
他の資源はいつでも手に入れられるようになってきている。

※「知識」が単なるいくつかの資源のうちの
ひとつではなく、資源の中核になった
という事実によって、われわれの社会は
ポスト資本主義となる。

この事実は、社会の構造を根本から変える。
新しい社会の力学を生み出し、新しい経済の力学を生み出す。

そして新しい政治を生む。  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

開催予定の講座・イベント

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週末やアフター5の時間をつかって、
ビジネスやコミュニケーションに
役立つスキルを学んでみませんか? 

コーチングやファシリテーションのほか
「Well-Being」をテーマにしたセミナーが充実しています。 

お気軽にご参加ください。

 

■2017/3/11(土) 10:00-18:00 三宮
SCP-8本山塾 公開講座 
・・・サイコドラマから生まれた・・・
 【プレイバックシアター】
今回はゲストに渡辺美佐子さんをお招きして
の1日体験講座となっています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第26回 OD系(6) 総当り/リーグ戦会議

2017年2月22日 水曜日 配信

 

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

オーガニゼーション・ミラーの後半は、
参加部門チーム総当り/リーグ戦形式の
集中討議を使って、現実的な共通課題を
設定し、その対策を短時間に
アクションプラン化してもらいます。

本来ならば、会社で行うべき部門間の
調整会議を、一泊二日で効率よく
行うことになります。

これは、本当に画期的な成果を生み出します。

「トレーニングによる集中効果」がもっとも
如実に現れるプログラムともいえます。

とはいうものの各部門の主だったメンバーを、
まる二日間のあいだ拘束することに
なりますので、中小企業ですと
土日か五月の連休の実施になったりする
・・時間設定がしにくいのが欠点といえば欠点でしょうか。

また、公開コースなどでは体験できない
ものですので、その辺が、ファシリテータ育成上も
ネックにはなっています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第25回 OD系(5) オーガニゼーション・ミラー

2017年2月16日 木曜日 配信

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

さて次は、俗に「組織の鏡」と呼ばれる
Well-Beingプログラムです。

ちょっとODのテキストなどをかじった人
であれば、言葉だけは聞かれているのではないでしょうか。

「多くの人が、言葉は知っているが、具体的にどうやるのかは知らない」
代表格のような気がします。

オーガニゼーション・ミラー
      【Organization Millor】
というのが、正しい名前ですが、この「ミラー」の部分
だけでは、実は組織変革のプログラムにはなりません。

この部分は「相互役割イメージ交換」
などのタイトルで、企業研修なんかでも
よく使われているのです。
大掛かりなアイスブレーカーですかね。

オーガニゼーション・ミラー/組織の鏡

部門間に内在する問題に焦点をあて、
対策プランを両部門の共通の当事者のもの
としてコミットメントし、短期に成果をあげる
Well-Beingプログラム。

組織の壁の打破に、画期的に役立つ。
「あなたの部門が、相手の部門に対して
感じているイメージをひとことで表現してください。
また、あなたの部門が相手の部門からは、
どんなイメージを持たれていると思いますか」
という質問が使われます。

そして、部門ごとのチームで、
それぞれのイメージを模造紙にまとめて
発表しあうのですが、結構インパクトがあります。

ただ、それだけだと「なるほどねぇ・・。勉強になりました」
で終わってしまう。

ですから、現実の組織変革では、この
「相互イメージ交換」を導入として、
では次にそれをどう活用して、現実の問題解決に
結びつけるかが技法上の工夫になります。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第24回 OD系(4) ミッション・ワークショップの流れ

2017年2月7日 火曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

以下に、ミッション・ワークショップの
基本的な流れを書いておきます。

-1 オリエンテーション

-2 ウォーミング・アップ

-3 ミッション(使命)とゴール(目標)について

-4 ミッションを考える【5つの質問】

-5 期待の列挙
 ・市場から 
 ・関係者/他部門から
 ・経営トップから 
 ・自分たち自身の期待

-6 使命の熟考
 ・貢献対象 
 ・貢献内容 
 ・貢献方法 
 ・留意事項 
  ※【ミッション/使命】のまとめ

-7 部門の重点課題の中長期目標の明確化
 ・対処のための課題/目標
 ・ミッション達成のための課題/目標

-8 目標課題のステートメント化

-9 具体的なアクション・プラン
・ロールマトリクス
・実行スケジュール化

-10 まとめ「コミットメント」

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第23回 OD系(3) 組織のミッション・ワークショップ

2017年2月6日 月曜日 配信

 

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

今回から2回は、
目標設定会議/組織のミッション・ワークショップを紹介します。

目標設定会議/組織ミッション・ワークショップ

一般的には、部門別キック・オフ・ミーティング
として開催されることが多いのですが、
新しい組織の立ち上げとか、
大規模な組織再編が行われた時などにも、
よく実施されるものです。
 
-1中長期計画レベルでの
【部門の使命(ミッション)】を検討する

-2 短期(半期)レベルでの
【部門別目標(ゴール)/成果およびアクションプラン】を明確化する

-3 部門別目標達成のための
【役割分担(ロール)】を明確化とし、コミットメントする

基本的には、その部門の
「組織としてのミッション」を明確にして、
そこから部門と個人の目標を
ブレイクダウンさせるスタイルをとります。

このプログラムの良いところは、
いきなり「目標」を取り扱わずに、
まずじっくりと「組織のミッション」
を考えるところでしょうかね。

また、そのためにいくつかの工夫がされています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第22回 OD系(2) 問題解決会議ショートプログラム

2017年2月3日 金曜日 配信

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回お話した通り、私は独自に工夫した
問題解決会議のショート・プログラム使っています。

ほとんどのケースは2日で対応しています。
要望により、他所のバリエーション(ユニット変更)はありますが、
以下が、その基本フローです。

ステップ1 
【現状の明確化のための問題点リストアップ】

・付箋紙(ポストイット)を使って、
思いつく「問題」をリストアップする

ステップ2
【問題状況への緊急度/重要度分析】

・リストアップされた問題状況に対して、
2つの視点から優先順位付けする。
「緊急度」「重要度」

ステップ3
【問題状況のステートメント化】

・問題状況をいくつかにくくり、
中見出しとしてステートメント化する。

ステップ4
【目標ステートメント化】

・Tチャートなどを使って現状に対する
「目標=ゴールイメージ」を明確化する。

ステップ5
【対策の検討・分析】

・目標達成のための対策アイデアを列挙し、
それぞれについて分析する。
「期待される効果」「実現・実行の可能性」

ステップ6
【アクション・プラン化と意志決定】

・参加者全員で総合的に検討された対策の
アイデアを、一連のアクションプランとしてまとめるとともに、
実行のための役割分担/納期を明確化する。

最後は、参加者全員のコミットメント。

 

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第21回 OD系(1) 問題解決会議

2016年11月14日 月曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回からの続きです。

前回ご紹介した技法を、さらに解説していきましょう。
まず、問題解決会議からです。

問題解決会議

部門や組織が抱える、顕在/潜在の双方の
問題に焦点を当て、直視してそれを
構成メンバーの共通認識として意識化させ、
さらにその目標イメージおよび
対策アクションプランを明確化、
実行・フォローして成果をあげるプログラムです。 (さらに…)

  • 助成金活用研修のご案内
  • 研修事例のご紹介
  • 未病チェック