お知らせ

学びの秋に始めたい!自分をレベルUPする おすすめセミナー Well-Being通信 vol.039

2017年10月13日 金曜日 配信

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11/4(土)~11/5(日) 開催!

☆☆☆ あなたの使命を問う!「本山雅英のビジョン・クエスト」☆☆☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『ビジョンクエスト』とは
 ネイティブ・アメリカンのスー族の儀式として山頂近くの岩穴「ビジョン・ピット」
に横たわり、四昼夜にわたって飲まず食わずで神からの「啓示=ビジョン」を乞い願う・・
この神聖な儀式を「ハンプレチヤ」と呼んでいます。「ハンプレチヤ」では、
自分は何のために生まれ、何を使命として生きてゆくのかが問われるのです。

ウェルビーイング・ジャパンが提供する「ビジョン・クエスト」は、
参加者に「人生」「使命(ミッション)」「啓示(ビジョン)」を考え抜いていただくための、
一昼夜のプログラムです。「そもそも自分は何のために生きているのか」
「何が、自分の本当の人生なのか」・・・今後の生き方が変わる機会となります。

≪概要≫

11/4(土)、11/5(日) 1泊2日 スペースアルファ神戸
12/2(土) 終日 スペースアルファ三宮

 【受講料】36,000円(税別)※特別体験セミナー価格です。
      ※1日・2日目の食事・宿泊代含む
 
 【参加定員】12名

 【支払方法】事前にお振込みください。
 ※お申込み頂いた方には振込先を別途案内させて頂きます。

 

≪こんな方に受講をお勧めいたします≫

①中小企業の経営者・・特に、二世経営者の方
②中小企業の経営幹部   
③中小企業の経営幹部候補
④ビジョンクエストに興味を持たれた方

 

≪『ビジョンクエスト』から得られるもの≫

①自分が語る「想い」を、部下たちがどう見ているかが明確になる
②明日からの人生をどう生きるのか・・自らの使命が明確になる
③人生に必要な人脈をどう創るのか・・戦略が明確になる
④新しい仲間たちとの相互支援のかたちが明確になる

 

≪スケジュール≫

第一日(11/4) 10:00 現地集合~21:00
第二日(11/5)  9:00~17:00 現地解散
【会場】スペースアルファ神戸

①オープニング/自己紹介
②ライフ・ライン
③ミッション・インベントリー
④プレゼンテーション&フィードバック
⑤ソロ・セッション「客観視」
⑥ビジョン・クエスト
⑦コミットメント

第三日(12/2)10:00~18:00
【会場】スペースアルファ三宮

お申込みはメ―ルにて info@well-beingjp.com

—————————————————————————-

11月18日(土)開催!

☆☆☆ ビジネスリーダーとコンサルタントのための交流分析コーチング入門 ☆☆☆

—————————————————————————-

 

≪概要≫

コーチングやコミュニケーションに関するセミナーは多数ありますが、
受講者の方々からは「なんとなくわかったような・・・でも、できるだろうか・・・」
といった声をよく耳にします。本コースは、あいまいな理解に終始しがちな
コーチングについて、TA(交流分析理論)の援用して、シンプルでわかりやすく、
できる状態を生み出します。部下やクライアントの行動特性に合わせた
タイプ別コーチングが可能になります。

 

≪こんな人にお薦めです≫

① 企業や組織のリーダー、およびリーダー候補者
② 自分自身との関係に変化を作りたいと考える方
③ プロジェクトなどを推進する立場についておられる方
④ プロコーチ、コンサルタントなど、人を支援するサービスに従事する方

 

≪習得できるスキル≫

?明日から使える実践的なコーチングスキルが身に付きます。
?部下、上司、同僚だけでなく、取引先などすべてにおいての人間関係において
 効果的なコミュニケーションがとれるようになります。
?自分自身のまたは組織の重点テーマについてコーチングを受けることで、
 目標実現や問題解決のきっかけを得ることができます。
?クライアントの可能性を引き出すためのリーダーとしての内的成長を手助けすることができます。

 

≪プログラム≫

 1.オリエンテーション
 2.コーチングとは
 -1 コーチングの基本構造
  -2 コーチングの原則
  3.人生を聴く「ライフラインとコーチング」
  4.持ち味を知る「TAエゴグラム」
     -1 自分を知る「自己診断」
     -2 自分変革のヒント
    -3 他人を知る「他者診断」
  5.基本スキル「認める」
  ・存在を認める「ストローク」
  ・マネジメントとストロークの関係
  6. まとめ

 

≪日時≫ 2017年11月18日(土) 10:00~17:30

≪場所≫ スペースアルファ三宮

≪受講料≫ 一般:15,000円 早割:10,000円
 (10月中の申込) お申し込みはこちらからお願いいたします↓↓

 ★お申し込みフォーム ⇒ 皆様のお越しをお待ちしております
  https://ssl.form-mailer.jp/fms/8f24f0b1535494

 

【Well-Being通信】本山雅英『Well-Beingと私』第33回コーチング活用(2)人生のキーワード《1》

2017年5月12日 金曜日 配信

皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

そういうのを何回かやっているうちに、
高島前副代表(当時は、ただの「あっちゃん」ですが・・)が
当方のオフィスに、ちょくちょく
飲みにくるようになりました。

当方は、数年前にベーチェット病という難病に
罹ってしまったこともあり今は
アルコールはボチボチぐらいなのですが、
当時は、あっちゃんと十分に勝負できる水準でした。

ある日、下村、高島、本山の三人で飲んでいるときに、
こんな話で盛り上がりました。

「人間って、『このひとことを聞きたい』ために、
生きているようなところがあるよね・・」

「そうそう。僕は『すっ、すごい』って言われたい
  ・・それを聴きたくてがんばっているのかもしれないなぁ」

「私は、『君、変わってるねぇ・・』っていわれると、
ゾクゾクってします。

会社を辞めるときなんかも、そういわれてめちゃ嬉しかった」
  ・・「へぇ、それって『変っているねぇ』

「あぁ、ゾクゾクする。嬉しい・・」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

開催予定の講座・イベント

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週末やアフター5の時間をつかって、
ビジネスやコミュニケーションに
役立つスキルを学んでみませんか? 

コーチングやファシリテーションのほか
「Well-Being」をテーマにしたセミナーが充実しています。 

お気軽にご参加ください。

■2017/6/17(土)-18(日)三宮
PSSベーシックセミナー
お客様のニーズを探るための論理的な質問の
手法を使えるようになります。
また、自社の提供内容を効果的に訴求することが
できるようになります。

※お申込み・お問い合わせは
メール(info@well-beingjp.com )
電話(078-325-1862)
でも受け付けております。

【Well-Being通信】本山雅英『Well-Beingと私』第32回 コーチング活用(1) 田崎哲夫さんの勉強会

2017年5月1日 月曜日 配信

皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

もともとのタイトルは「日本酒と温泉と人生のキーワード」といいます。

このタイトルを見ると、ニヤっとされる方が多いのですが、
日本酒と温泉がなくても、もちろんプログラムとして
ちゃんと成立します。

気楽に人生をたのしめる、当方お気に入りの
プログラムのひとつです。

そもそもコーチング・ラボ・ウエストは、
このプログラムからスタートしました。

そういう意味でも記念すべき、Well-Beingなプログラムです。

以前にも、どこかでご紹介したかもしれませんが、
初めてお読みになる方のために、復習をかねて・・。

当方が、下村前代表から相談を受けて、
当時「カリスマコーチ・グループ」といわれていた
関西在住の独立プロ・コーチたちのために、
ファシリテーションのトレーニングを始めたのが
もう、22~23年ぐらい前になります。

最初は、山梨在住の田崎哲夫さんをゲストにお招きして、
ラボラトリー・トレーニングの勉強会を行いました。

人間関係トレーニングの基本的な理論を、
体験学習の枠組みの中で学ぶスタイル。

15人ほどが参加されて、なかなか良い実験でした。
その後も、田崎哲夫さんは山梨の須玉
というところを拠点として、独自の世界を展開されています。
  
コーチング・ラボ・ウエストのメンバーの中にも、
田崎さんと意気投合して、山梨の合宿トレーニングに
何回も参加したり、自分の地元に田崎さんを引っ張り出して、
ワークショップを開催したりしています。

そういう意味でも、よいご縁を生み出すことができたと嬉しく思っています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

開催予定の講座・イベント

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週末やアフター5の時間をつかって、
ビジネスやコミュニケーションに
役立つスキルを学んでみませんか? 

コーチングやファシリテーションのほか
「Well-Being」をテーマにしたセミナーが充実しています。 

お気軽にご参加ください。

■2017/5/6(土) 三宮
内緒で教える秘密のノウハウシリーズ
 パワーセッション
参加者であるコンサルタント・研修講師・
税理士・社労士の方々が講師本山に自己案件について
相談ができます。

案件の進め方、業務設計についてアドバイスをもらい
気づきが得られるプログラムです。

■2017/6/17(土)-18(日) 三宮
PSSベーシックセミナー
お客様のニーズを探るための論理的な質問の手法を
使えるようになります。
また、ニーズを抜け漏れなくとらえ、表面化していない
潜在ニーズをも引き出すことができるようになるプログラムです。

※お申込み・お問い合わせは
メール(info@well-beingjp.com )
電話(078-325-1862)
でも受け付けております。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第31回 コーチングを活用したWell-Beingプログラム 

2017年4月28日 金曜日 配信

皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回までは、当方が展開しているWell-Beingのための
組織活性化プログラムについて書いてきました。

今回からは、コーチングを活用した
Well-Beingプログラムについて、紹介していきたいと思います。

コーチング・ラボ・ウエストを下村前代表たちと
一緒に立ち上げてからもう、13年がすぎました。

この間に、当方もコーチングを活用した
いろいろなファシリテーション・プログラムを
開発してきました。

代表的なものを上げてみましょう。

1.日本酒と温泉と人生のキーワード 
このタイトルを見ると、ニヤっとされる方が
多いのですが、日本酒と温泉がなくても、もちろん
プログラムとしてちゃんと成立します。

気楽に人生を楽しめる、
当方お気に入りのWell-Beingプログラムのひとつです。

2.ビジョン・クエスト 
「人生のキーワード」が、温泉に入って、
おいしい日本酒をちびちびやりながら
「リラックスして気楽に・・」
人生を見直すプログラムであるのに対して、
「ビジョン・クエスト」は、正面から自分の
人生と向かい合うためのプログラムです。

冗談でよく「幽体離脱を体験します」というのですが、
人生を語る自分自身をもうひとりの自分が
冷徹に見つめる・・そんなWell-Beingプログラムです。

3.キャリア・イメージング 

E.シャイン博士の「キャリア・アンカー」
「キャリア・サバイバイル」の概念を拝借した
Well-Beingプログラムです。

いわゆる、「キャリア研修」ものなのですが、
コーチングのエッセンスをふんだんに
使っているところが特徴的です。

もちろん、ファシリテーションのエッセンスも
ふんだんに盛り込まれています。

4.ラウンド・テーブル  
円卓会議・・そんな意味になります。
基本コンセプトは
「あなたには10人の社外取締役がいる」。

参加者の設定に制約があるのが難ですが、
参加されると確実に、ビジネス
あるいは人生の成果が得られる、すごいWell-Beingプログラムです。

5.TAコーチング

私の原点である故・岡野嘉宏から学んだ
TAと、コーチングを組み合わせたユニークな
Well-Beingプログラムです。

「クライアントの人生に寄り添う」コーチングを学べます。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第30回 OD系(9)巻紙分析《2》 

2017年4月24日 月曜日 配信

皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

今回は、巻紙分析の手順をまとめました。

1.対象部門の選択 
  
「彼/彼女の仕事が多くて困っているのです」
「ではその人の仕事を見てみましょう」

2.個人別の業務調査
  
担当業務名、概要、時間/日、
頻度/日、時間/月・・というように、
ごく普通の業務分析を行います。

この「普通の業務分析」がわからない方は、本屋さんに行って
簡単な入門書を一冊ぐらい読んでみましょう。

3.分析テーマの絞込み

4.巻紙分析の実行

この「巻紙分析の実行」は、担当者ひとりに対して
行うこともできますし、何人かの
部門担当者で行うこともできます。

ただ、担当者一人に対して実行してしまうと、
普通の業務改善コンサルティングになってしまうので、
組織変革/組織活性の場合は、できるだけ
その部門の若手などを集めて、
ワイガヤ形式で実施するようにします。

もちろん、われわれファシリテータは、
そのワイガヤが建設的なものになるようサポートします。

5.問題点出し

6.改善策出し

ここは、巻紙分析の流れから、そのままワイガヤあるいは
付箋紙/カードラベル方式などを併用して
進行すると効果的ですね。

7.改善の実施~フォロー~まとめ

実行プロセスと成果については、
一覧表形式のレポートとしてサポートすると、
クライアント・・特に経営トップからは、とても喜ばれます。

ここでは、ファシリテータの「書く機能」がとても重要になってきます。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第29回 OD系(9)巻紙分析 

2017年4月21日 金曜日 配信

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

東芝で開発されたといわれていますが、本当のところは定かではありません。

書物としても、ほとんどこれについて書かれたものには、
お目にかかったことがありません。

巻紙分析        
高度成長時代に、大手電機メーカーのスタッフによって
開発された伝統的技法がベース。

業務の「ムダ・ムリ・ムラ」が、アウトプットの
巻紙で明らかになります。

「やめる・移す」の視点で、現場担当者の目線で
確実に改善が行えます。

これは、もともとは組織開発の技法ではなく
業務プロセス改善のためのものなのですが
グループ単位で実行することで、組織を活性化できるので、
私は結構使っています。

ファシリテーションのプロセスについては、次回にまとめます。

割と簡単ですので、お試しあれ!!

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第28回 OD系(8)行動プロセスマップ 

2017年2月24日 金曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

この「知識」というものをどう取り扱うか、
いろいろと研究がなされました。

そして、行動プロセスマップもまた、
それを明らかにしようとする新しいアプローチのひとつです。

どんな仕事を対象にでもできるのですが、
いわゆる「名人」「達人」といわれる人の
頭の中にある思考パターンを、
ポストイットのようなカードに「行動レベル」
で切り分けてゆき、それをモジュール化したうえで、
大きなストーリー上にマップ化するものです。

もちろん、アウトプットのマップも
なかなか面白いのですが、それを作成するプロセスで、
名人とその弟子たちが一緒にワイガヤする場面が、
まるで高度成長時の先輩と後輩の議論のように
熱っぽくなります。

私にとって、好みのWell-Beingプロセスですね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

開催予定の講座・イベント

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週末やアフター5の時間をつかって、
ビジネスやコミュニケーションに
役立つスキルを学んでみませんか? 

コーチングやファシリテーションのほか
「Well-Being」をテーマにしたセミナーが充実しています。 

お気軽にご参加ください。

■2017/3/11(土) 10:00-18:00 三宮
SCP-8本山塾 公開講座 
・・・サイコドラマから生まれた・・・
 【プレイバックシアター】
今回はゲストに渡辺美佐子さんをお招きして
の1日体験講座となっています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第27回 OD系(7) ナレッジ・マネジメント

2017年2月23日 木曜日 配信

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

これも面白いアプローチです。
ナレッジ・マネジメントという概念が、
1990年代の最後になって、
ドラッカーによって提唱されます。

以下は、 P.F ドラッカー
【プロフェッショナルの条件:2000年 上田訳】からの抜粋です。

これからのわれわれにとっての、
新しいマネジメントの定義は、
「知識の適用と、知識の働きに責任をもつもの」ということになるだろう。

※このような定義の変化は、「知識」が
中心的な資源と見られるようになったことを意味する。

今日では、土地、労働、資本は制約条件でしかない。
それらのものがなければ、もちろん「知識」
といえども、何も生み出せない。

経営者がマネジメントの仕事をすることもできない。

すでにわれわれは、効果的なマネジメント、
すなわち「知識」の「知識」に対する適用が行われさえすれば、
他の資源はいつでも手に入れられるようになってきている。

※「知識」が単なるいくつかの資源のうちの
ひとつではなく、資源の中核になった
という事実によって、われわれの社会は
ポスト資本主義となる。

この事実は、社会の構造を根本から変える。
新しい社会の力学を生み出し、新しい経済の力学を生み出す。

そして新しい政治を生む。  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

開催予定の講座・イベント

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週末やアフター5の時間をつかって、
ビジネスやコミュニケーションに
役立つスキルを学んでみませんか? 

コーチングやファシリテーションのほか
「Well-Being」をテーマにしたセミナーが充実しています。 

お気軽にご参加ください。

 

■2017/3/11(土) 10:00-18:00 三宮
SCP-8本山塾 公開講座 
・・・サイコドラマから生まれた・・・
 【プレイバックシアター】
今回はゲストに渡辺美佐子さんをお招きして
の1日体験講座となっています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第26回 OD系(6) 総当り/リーグ戦会議

2017年2月22日 水曜日 配信

 

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

オーガニゼーション・ミラーの後半は、
参加部門チーム総当り/リーグ戦形式の
集中討議を使って、現実的な共通課題を
設定し、その対策を短時間に
アクションプラン化してもらいます。

本来ならば、会社で行うべき部門間の
調整会議を、一泊二日で効率よく
行うことになります。

これは、本当に画期的な成果を生み出します。

「トレーニングによる集中効果」がもっとも
如実に現れるプログラムともいえます。

とはいうものの各部門の主だったメンバーを、
まる二日間のあいだ拘束することに
なりますので、中小企業ですと
土日か五月の連休の実施になったりする
・・時間設定がしにくいのが欠点といえば欠点でしょうか。

また、公開コースなどでは体験できない
ものですので、その辺が、ファシリテータ育成上も
ネックにはなっています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第25回 OD系(5) オーガニゼーション・ミラー

2017年2月16日 木曜日 配信

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

さて次は、俗に「組織の鏡」と呼ばれる
Well-Beingプログラムです。

ちょっとODのテキストなどをかじった人
であれば、言葉だけは聞かれているのではないでしょうか。

「多くの人が、言葉は知っているが、具体的にどうやるのかは知らない」
代表格のような気がします。

オーガニゼーション・ミラー
      【Organization Millor】
というのが、正しい名前ですが、この「ミラー」の部分
だけでは、実は組織変革のプログラムにはなりません。

この部分は「相互役割イメージ交換」
などのタイトルで、企業研修なんかでも
よく使われているのです。
大掛かりなアイスブレーカーですかね。

オーガニゼーション・ミラー/組織の鏡

部門間に内在する問題に焦点をあて、
対策プランを両部門の共通の当事者のもの
としてコミットメントし、短期に成果をあげる
Well-Beingプログラム。

組織の壁の打破に、画期的に役立つ。
「あなたの部門が、相手の部門に対して
感じているイメージをひとことで表現してください。
また、あなたの部門が相手の部門からは、
どんなイメージを持たれていると思いますか」
という質問が使われます。

そして、部門ごとのチームで、
それぞれのイメージを模造紙にまとめて
発表しあうのですが、結構インパクトがあります。

ただ、それだけだと「なるほどねぇ・・。勉強になりました」
で終わってしまう。

ですから、現実の組織変革では、この
「相互イメージ交換」を導入として、
では次にそれをどう活用して、現実の問題解決に
結びつけるかが技法上の工夫になります。

  • 助成金活用研修のご案内
  • 研修事例のご紹介
  • 未病チェック