お知らせ

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第26回 OD系(6) 総当り/リーグ戦会議

2017年2月22日 水曜日 配信

 

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

オーガニゼーション・ミラーの後半は、
参加部門チーム総当り/リーグ戦形式の
集中討議を使って、現実的な共通課題を
設定し、その対策を短時間に
アクションプラン化してもらいます。

本来ならば、会社で行うべき部門間の
調整会議を、一泊二日で効率よく
行うことになります。

これは、本当に画期的な成果を生み出します。

「トレーニングによる集中効果」がもっとも
如実に現れるプログラムともいえます。

とはいうものの各部門の主だったメンバーを、
まる二日間のあいだ拘束することに
なりますので、中小企業ですと
土日か五月の連休の実施になったりする
・・時間設定がしにくいのが欠点といえば欠点でしょうか。

また、公開コースなどでは体験できない
ものですので、その辺が、ファシリテータ育成上も
ネックにはなっています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第25回 OD系(5) オーガニゼーション・ミラー

2017年2月16日 木曜日 配信

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

さて次は、俗に「組織の鏡」と呼ばれる
Well-Beingプログラムです。

ちょっとODのテキストなどをかじった人
であれば、言葉だけは聞かれているのではないでしょうか。

「多くの人が、言葉は知っているが、具体的にどうやるのかは知らない」
代表格のような気がします。

オーガニゼーション・ミラー
      【Organization Millor】
というのが、正しい名前ですが、この「ミラー」の部分
だけでは、実は組織変革のプログラムにはなりません。

この部分は「相互役割イメージ交換」
などのタイトルで、企業研修なんかでも
よく使われているのです。
大掛かりなアイスブレーカーですかね。

オーガニゼーション・ミラー/組織の鏡

部門間に内在する問題に焦点をあて、
対策プランを両部門の共通の当事者のもの
としてコミットメントし、短期に成果をあげる
Well-Beingプログラム。

組織の壁の打破に、画期的に役立つ。
「あなたの部門が、相手の部門に対して
感じているイメージをひとことで表現してください。
また、あなたの部門が相手の部門からは、
どんなイメージを持たれていると思いますか」
という質問が使われます。

そして、部門ごとのチームで、
それぞれのイメージを模造紙にまとめて
発表しあうのですが、結構インパクトがあります。

ただ、それだけだと「なるほどねぇ・・。勉強になりました」
で終わってしまう。

ですから、現実の組織変革では、この
「相互イメージ交換」を導入として、
では次にそれをどう活用して、現実の問題解決に
結びつけるかが技法上の工夫になります。

サイコドラマから生まれたプレイバックシアター

2017年2月14日 火曜日 配信

 

日  程

場  所

 2017年3月11日(土曜日)

スペースアルファ三宮

費  用(税別)

25,000円(資料代を含みます)
期待効果

●プレイバック・シアターにおける「コンダクティング」のスキル

●自己/他者の感情を心と体で表現する様々なエクササイズ技法

●人生を語る「ストーリー・テリング」のスキル

対  象 ● プロの研修講師
● プロのコンサルタント
● 企業の人事担当者、管理職
● プレイバック・シアターに興味のある方
カリキュラム

 
 9:45 集合

10:00 スタート

 1.オープニング/自己紹介

 2.ウォーミング・アップ(エクササイズ)

  -1 サウンド&ムーブメント

  -2 クレッシェンド

  -3 フラッシュ

11:00 

 3.チームでのムーブメント「動く彫刻」

11:30

 4.プレイバック・シアター体験(その1)

12:15 昼食

13:15

 5.ペア・ムーブメント

14:00

 6.プレイバック・シアター体験(その2)

15:00

 7.ミニ・グループでのプレイバック・シアター

16:30

 8.ふりかえり

17:30 ※終了予定

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第24回 OD系(4) ミッション・ワークショップの流れ

2017年2月7日 火曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

以下に、ミッション・ワークショップの
基本的な流れを書いておきます。

-1 オリエンテーション

-2 ウォーミング・アップ

-3 ミッション(使命)とゴール(目標)について

-4 ミッションを考える【5つの質問】

-5 期待の列挙
 ・市場から 
 ・関係者/他部門から
 ・経営トップから 
 ・自分たち自身の期待

-6 使命の熟考
 ・貢献対象 
 ・貢献内容 
 ・貢献方法 
 ・留意事項 
  ※【ミッション/使命】のまとめ

-7 部門の重点課題の中長期目標の明確化
 ・対処のための課題/目標
 ・ミッション達成のための課題/目標

-8 目標課題のステートメント化

-9 具体的なアクション・プラン
・ロールマトリクス
・実行スケジュール化

-10 まとめ「コミットメント」

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第23回 OD系(3) 組織のミッション・ワークショップ

2017年2月6日 月曜日 配信

 

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

今回から2回は、
目標設定会議/組織のミッション・ワークショップを紹介します。

目標設定会議/組織ミッション・ワークショップ

一般的には、部門別キック・オフ・ミーティング
として開催されることが多いのですが、
新しい組織の立ち上げとか、
大規模な組織再編が行われた時などにも、
よく実施されるものです。
 
-1中長期計画レベルでの
【部門の使命(ミッション)】を検討する

-2 短期(半期)レベルでの
【部門別目標(ゴール)/成果およびアクションプラン】を明確化する

-3 部門別目標達成のための
【役割分担(ロール)】を明確化とし、コミットメントする

基本的には、その部門の
「組織としてのミッション」を明確にして、
そこから部門と個人の目標を
ブレイクダウンさせるスタイルをとります。

このプログラムの良いところは、
いきなり「目標」を取り扱わずに、
まずじっくりと「組織のミッション」
を考えるところでしょうかね。

また、そのためにいくつかの工夫がされています。

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第22回 OD系(2) 問題解決会議ショートプログラム

2017年2月3日 金曜日 配信

 

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回お話した通り、私は独自に工夫した
問題解決会議のショート・プログラム使っています。

ほとんどのケースは2日で対応しています。
要望により、他所のバリエーション(ユニット変更)はありますが、
以下が、その基本フローです。

ステップ1 
【現状の明確化のための問題点リストアップ】

・付箋紙(ポストイット)を使って、
思いつく「問題」をリストアップする

ステップ2
【問題状況への緊急度/重要度分析】

・リストアップされた問題状況に対して、
2つの視点から優先順位付けする。
「緊急度」「重要度」

ステップ3
【問題状況のステートメント化】

・問題状況をいくつかにくくり、
中見出しとしてステートメント化する。

ステップ4
【目標ステートメント化】

・Tチャートなどを使って現状に対する
「目標=ゴールイメージ」を明確化する。

ステップ5
【対策の検討・分析】

・目標達成のための対策アイデアを列挙し、
それぞれについて分析する。
「期待される効果」「実現・実行の可能性」

ステップ6
【アクション・プラン化と意志決定】

・参加者全員で総合的に検討された対策の
アイデアを、一連のアクションプランとしてまとめるとともに、
実行のための役割分担/納期を明確化する。

最後は、参加者全員のコミットメント。

 

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第21回 OD系(1) 問題解決会議

2016年11月14日 月曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回からの続きです。

前回ご紹介した技法を、さらに解説していきましょう。
まず、問題解決会議からです。

問題解決会議

部門や組織が抱える、顕在/潜在の双方の
問題に焦点を当て、直視してそれを
構成メンバーの共通認識として意識化させ、
さらにその目標イメージおよび
対策アクションプランを明確化、
実行・フォローして成果をあげるプログラムです。 (さらに…)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第20回 独自のWell-Being【OD系】

2016年10月28日 金曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社 ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

今回からしばらくは、当方が展開している具体的なWell-Beingプログラムについて書いてゆきます。

興味がある方は、参考にして下さい。

前回までに書いたことをリソースとして、40歳ぐらいからは自分の世界・・自分なりのファシリテーション・プログラムを展開するようになりました。

独立した時に、自分の個人事務所の屋号を「組織デザイン研究所」という名称にしたのも、「独自の組織変革のプロセスをデザイン・ワークとして展開してみたい」という思いからでした。

組織デザイン研究所としてクライアントに提供してきた、組織変革の代表的なプログラムには、次のようなものがあります。

1.問題解決会議

部門組織に顕在/潜在する問題状況に焦点をあて、部門構成 メンバーの共通認識として意識化するとともに、目標および対策アクションプランを明確化して実行、成果をあげるもの。

2.目標設定会議

 部門や組織の立ち上げ時、あるいは既存の部門であれば初期に実施して、部門の「使命=ミッション」「重点目標=ゴールイメージとそのインジケータ」「実行プランと役割分担」を明確化するためのもの。

3.組織の鏡/ミラー会議

 部門間に内在する問題に焦点をあて、対策プランを両部門の共通の当事者のものとしてコミットメントし、短期に成果をあげるプログラム。  組織の壁の打破に、画期的に役立つ。

4.行動プロセスマッピング

 行動レベルの「暗黙知」を明確化するためのもの。ハイ・パフォーマ-の行動のクオリティ分析が行える。
  「暗黙知」を保有するメンバーの情報や行動パターンを、それ以外の構成メンバーに知らしめるためにはきわめて有効である。 アウトプットがマップ化されるため、それがそのまま行動マニュアルに代用できるという利点もある。

5.巻紙分析

高度成長時代に、大手電機メーカーのスタッフによって開発された伝統的技法がベース。
業務の「ムダ・ムリ・ムラ」が、アウトプットの巻紙で明らかになる。
 「やめる・移す」の視点で、現場担当者の目線で改善が行える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

開催予定の講座・イベント

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週末やアフター5の時間をつかって、
ビジネスやコミュニケーションに
役立つスキルを学んでみませんか?

今期からは、コーチングやファシリテーションのほか
「Well-Being」をテーマにしたセミナーが充実しています。

お気軽にご参加ください。

■2017/1/28(土) 10:00-18:00 神戸
TAコーチング<入門コース>
http://well-beingjp.com/open_seminor/679/

※お申込み・お問い合わせはホームページのほか、
 メール(info@well-beingjp.com )、
 電話(078-325-1862)
  でも受け付けております。

スペースアルファ三宮公開セミナーのご案内

■11/9(水)10:00-17:00スペースアルファ三宮
コーチング体験セミナー
講師 森田眞理子 氏
コーチングスキルとは何かを理解し、どのように
使うのかとその効果の一部を体験して
いただきます。

■11/24(木)14:00-17:00スペースアルファ三宮
組織活性化研修
講師 十川美加 氏
職場内コミュニケーションの円滑化と活性化
部下との関わりを振り返り、
やる気にさせるための取り組み事例を紹介します。

■12/6(火)14:00-16:00スペースアルファ三宮
従業員満足度と顧客満足につなげる
就業規則セミナー
講師 石田信隆 氏
従業員満足と顧客満足につなげる就業規則の
作り方をお伝えいたします。

※こちらのセミナーにつきましてはお申込み・お問い合せは
 スペースアルファ三宮までお願いいたします。
HP(http://www.spacealpha.jp/sannomiya/
  電話(078-326-2540)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第19回◆独自のWell-Beingプログラムへ!!

2016年10月17日 月曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社 ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

さて、今はどんなWell-Beingプログラムを
展開しているのかについて、語っていきたいと思います。

 私がクライアントと関わる場合、
大きく分けて二つのパターンがあります。

ひとつは、組織変革のためのファシリテータ/
チェンジエージェントとして関わる場合。

経営トップ向けのエグゼクティブ・コーチングなども、こちらのバリエーションです。

もうひとつは、人間関係に関する
何らかの技法を学ぶための研修ファシリテータ
としての関わりです。ビジネスとしては、ちょうど半々ぐらいですかね。

「組織変革」だけ、あるいは「研修」だけ
というクライアントもたまにありますが、
多くは両方を併用して使い分けていただいています。

 月次の会議にオブザーバー/ファシリテータ
として参画していて、そこで何らかの「課題」が出てきたら、
そのソリューションとしてオフサイト形式の「
会議」・・こういうのを「ワークアウト」と呼んだりします・・をファシリテートしたり、
場合によっては「研修プログラム」を提供する。

そんな関わり方が、多いパターンです。
そこで「どんな会議」、「どんな研修」
を提供しているのかは、次回以降でご紹介していきましょう。

乞、ご期待。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

開催予定の講座・イベント

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週末やアフター5の時間をつかって、
ビジネスやコミュニケーションに
役立つスキルを学んでみませんか?

今期からは、コーチングやファシリテーションのほか
「Well-Being」をテーマにしたセミナーが充実しています。

お気軽にご参加ください。

■10/23(日) 13:30-17:30 神戸
分子栄養学とWell-Being
http://well-beingjp.com/open_seminor/400/

■2017/1/28(土) 10:00-18:00 神戸
TAコーチング<入門コース>
http://well-beingjp.com/open_seminor/679/

※お申込み・お問い合わせはホームページのほか、
メール(info@well-beingjp.com )、
電話(078-325-1862)
  でも受け付けております。

スペースアルファ三宮公開セミナーのご案内

■10/26(水)13:30-17:30スペースアルファ三宮
本山雅英の「組織開発入門」
講師 本山雅英 氏
マネジメントやリーダーシップ理論の歴史を
学びつつ、「すぐに使える」組織開発の
技法を体験学習します!!

■11/9(水) 10:00-17:00 スペースアルファ三宮
コーチング体験セミナー
講師 森田眞理子 氏
コーチングスキルとは何かを理解し、どのように
使うのかとその効果の一部を体験して
いただきます。

■11/24(木)14:00-17:00スペースアルファ三宮
組織活性化研修
講師 十川美加 氏
職場内コミュニケーションの円滑化と活性化
部下との関わりを振り返り、
やる気にさせるための取り組み事例を紹介します。

■12/6(火)14:00-16:00スペースアルファ三宮
従業員満足度と顧客満足につなげる
就業規則セミナー
講師 石田信隆 氏
従業員満足と顧客満足につなげる就業規則の
作り方をお伝えいたします。

※こちらのセミナーにつきましてはお申込み・お問い合せは
 スペースアルファ三宮までお願いいたします。
HP(http://www.spacealpha.jp/sannomiya/
  電話(078-326-2540)

Well-Being通信 特別号 【未病特別セミナーのお知らせ】

2016年10月5日 水曜日 配信

分子栄養で整える「心・美・体」~未病特別セミナー

理想の「心・美・体」へ近づき、持続するための分子栄養学から見た未病特別セミナーを開催いたします。

不定愁訴と言われる「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」
と自覚症状はあるが検査では原因がわからない症状などはないでしょうか?

今回はご自身の「血液データ」「未病チェック結果」からこれからの改善のヒントが見つかるかも知れません。

ご自身のデータをもとにひも解く”自分ごと”のセミナーとなりますのでより多くの事を学べます。 (さらに…)

  • 助成金活用研修のご案内
  • 研修事例のご紹介
  • 未病チェック