お知らせ

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第31回 コーチングを活用したWell-Beingプログラム 

2017年4月28日 配信

皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回までは、当方が展開しているWell-Beingのための
組織活性化プログラムについて書いてきました。

今回からは、コーチングを活用した
Well-Beingプログラムについて、紹介していきたいと思います。

コーチング・ラボ・ウエストを下村前代表たちと
一緒に立ち上げてからもう、13年がすぎました。

この間に、当方もコーチングを活用した
いろいろなファシリテーション・プログラムを
開発してきました。

代表的なものを上げてみましょう。

1.日本酒と温泉と人生のキーワード 
このタイトルを見ると、ニヤっとされる方が
多いのですが、日本酒と温泉がなくても、もちろん
プログラムとしてちゃんと成立します。

気楽に人生を楽しめる、
当方お気に入りのWell-Beingプログラムのひとつです。

2.ビジョン・クエスト 
「人生のキーワード」が、温泉に入って、
おいしい日本酒をちびちびやりながら
「リラックスして気楽に・・」
人生を見直すプログラムであるのに対して、
「ビジョン・クエスト」は、正面から自分の
人生と向かい合うためのプログラムです。

冗談でよく「幽体離脱を体験します」というのですが、
人生を語る自分自身をもうひとりの自分が
冷徹に見つめる・・そんなWell-Beingプログラムです。

3.キャリア・イメージング 

E.シャイン博士の「キャリア・アンカー」
「キャリア・サバイバイル」の概念を拝借した
Well-Beingプログラムです。

いわゆる、「キャリア研修」ものなのですが、
コーチングのエッセンスをふんだんに
使っているところが特徴的です。

もちろん、ファシリテーションのエッセンスも
ふんだんに盛り込まれています。

4.ラウンド・テーブル  
円卓会議・・そんな意味になります。
基本コンセプトは
「あなたには10人の社外取締役がいる」。

参加者の設定に制約があるのが難ですが、
参加されると確実に、ビジネス
あるいは人生の成果が得られる、すごいWell-Beingプログラムです。

5.TAコーチング

私の原点である故・岡野嘉宏から学んだ
TAと、コーチングを組み合わせたユニークな
Well-Beingプログラムです。

「クライアントの人生に寄り添う」コーチングを学べます。

  • 助成金活用研修のご案内
  • 研修事例のご紹介
  • 未病チェック