お知らせ

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第16回◆Well-Being学びの人生(1)

2016年8月30日 配信

読者の皆さん、こんにちは!!

 (株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

今は、ほとんどのクライアントに対して、
私の独自のWell-Beingプログラムで
対応しているのですが、
その下地になっているものを
ふりかえってみることにします。

今までに私が学んできたものをあげて見ると、
以下のような感じになります。

1.学生時代に学んだもの
 ・心理学の学習理論
 ・臨床心理学の基礎理論
 ・消費者行動理論および質問紙調査の基本
 ・・・ゼミの専攻です

これらに加えて、趣味でやっていた
音楽/バンドでの体験も
ファシリテーションに、大きく影響していますかね。
この頃は「○○に成りたい」は、全くありませんでした。

2.企業勤務時代・・開発マンの時に身につけたもの
 ・マーケティング戦略の理論と実務・・
            故、小嶋外弘博士に引き続き、師事
 ・創造性開発の技法・・
     ブレーンストーミング、デザインスゴロクなど
 ・開発マネジメント・・
      PERT/巻紙分析の技法など
 ・営業教育のトレーニング法・・
      PSS、ADSなど

この時代は、所属企業の役員になるつもりでしたね。

(次号につづく)

  • 助成金活用研修のご案内
  • 研修事例のご紹介
  • 未病チェック