お知らせ

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第18回◆Well-Being学びの人生(3)

2016年9月26日 月曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

(株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回からの続きです。

私の学びの人生を、ざっとおさらいすると・・。

1.学生時代
  ・・心理学の基本+ジャズバンドでのハーモニー体験

2.開発マン時代
  ・・マーケティング、開発援用技法、
        営業教育技法

3.人事マネージャー時代
  ・・会計理論、TA/心理療法、
         リーダーシップ論、体験学習法
    プレイバックシアター+精神世界ネタ

4.勤務コンサルタント時代
  ・・問題解決、組織活性化、
        プロジェクトマネジメント
     +古神道

こんな経緯を経て、41歳の時に独立して
自分のオフィスを構えました。 (さらに…)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第17回◆Well-Being学びの人生(2)

2016年9月12日 月曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

株式会社ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回からの続きです。

3.人事教育のマネージャー時代に勉強したもの

・財務/管理会計のトレーニングプログラム
    ・・COSMS、MGなど

・TA(交流分析)の理論
    ・・ゲシュタルト療法などの辺縁理論を含む。
     岡野嘉宏先生に師事

・リーダーシップの理論
    ・・状況対応リーダーシップ○R、
      マネジリアル・グリッドなど

・プレイバックシアター/サイコドラマ
    ・・Jフォックスに師事

・ラボラトリーメソッド、体験学習法
    ・・この時代は、ボディワークとか
瞑想法など精神世界ネタも熱心にかじりました。
マジカル・ヒーラーになりたかった時代です。

4.プロのファシリテータ(コンサルタント会社時代)になってから

・問題解決の技法
    ・・KT法、EM法など

・OD/組織活性化の技法
    ・・山本成二に師事(状況対応リーダーシップ○Rとともに学ぶ)

・プロジェクトマネジメントの技法
    ・・PMBOKなど

「日本人のアイデンティティ」に目覚めた時代でもあります。
古神道などを学ぶように、なりました。
坊さんよりは神主になりたいと思うようになったのは、この頃ですね。

(次号につづく)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第16回◆Well-Being学びの人生(1)

2016年8月30日 火曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは!!

 (株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

今は、ほとんどのクライアントに対して、
私の独自のWell-Beingプログラムで
対応しているのですが、
その下地になっているものを
ふりかえってみることにします。

今までに私が学んできたものをあげて見ると、
以下のような感じになります。 (さらに…)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第15回◆プレイバック・シアター(2)

2016年8月17日 水曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは!!

(株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

J・フォックスが創始した、
プレイバックシアターは、
ストーリーテラーが語る思い出話を、
その場にいる演者たちが即興劇として
演ずるのを楽しむものです。

「インタープレイ」というのが、プレイバックシアターのキーワードですが、
まさにそこにいる全ての人たちが、
あるストーリー「実話」をその場で
感じるままに演じあい、そして感じたままに楽しむ素晴らしい世界です。
心理療法であり芸術であり、そして共感のプロセスなのです。 (さらに…)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第14回◆プレイバック・シアター(1)

2016年7月28日 木曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

(株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

私が駆け出しのころに一番熱心に勉強したのが
実は、プレイバックシアターです。

1980年代の後半から、1990年ごろにかけて
プレイバックシアターの創始者である
J.フォックスのワークショップを、
毎年のように箱根と京都で…。

また米国ニューヨーク州のニューポルツというところで
開催されている、プレイバックシアターの
専門家になるためのスクールにも行きました。 (さらに…)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第13回◆コレクション1000(2)

2016年7月11日 月曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

(株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

こういうユニットは、どうやって入手してきたのか…
よくある質問です。 (さらに…)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第12回◆コレクション1000(1)

2016年6月25日 土曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

(株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

前回、ファシリテーション技法について
「モジュール」「ユニット」「プログラム」
「カリキュラム」という区分について書きました。

さて、それではWell-Beingを生み出すための
ファシリテーション技法ってどれくらいの
種類があるのでしょうか?

私が保有しているWell-Being技法のネタは、
「ユニット」のレベルで1000~1500ぐらいでしょうか。

25年ぐらい前、
日本ブレーンセンター(現、エン・ジャパン)で
チーフコンサルタントをしている時に、
長野県の山奥にこもって合宿して、
当時のスタッフと一緒にこれらの整理を
したことがあります。

その時、ユニットで約1000あることがわかりました。
さらに、私が仕事でクライアントに対して
よく使用するユニットが、220ほど。

特に頻繁に使用している、
言わば定番のユニットが約60種類であることがわかりました。

その後、ユニット数は増加していますので多分、
現在の保有量は1500前後と思われます。

定番ユニットは、入れ替わりもあるのですが、
多分100前後ではないでしょうか。

(次号につづく)

【Well-Being通信】未病診断してみませんか?

2016年6月10日 金曜日 配信

現在ウェルビーイング・ジャパンでは「未病診断」を
積極的に行っております。

某薬用酒のCMで「未病」という言葉を知った方も
多いと思います。
「未病」とは東洋医学の文言で、病気とは診断されない
けれど病気に向かいつつある状態のことです。

健康 ←→ 未病 ←→ 病気

自分の体が今どんな状態なのか、どんな傾向があるのか
知ってみると面白いです。 (さらに…)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第11回◆「プログラム」「カリキュラム」

2016年6月10日 金曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

(株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

教育研修やコンサルテーションは、
一般的には「プログラム」や「カリキュラム」の
段階まで来て、やっと商品ということになります。

◆プログラム
いくつかのユニットやモジュールを
組み合わせて、討論や学習、
あるいは気づきを深めるために
一連の流れが構築されている状態。 (さらに…)

【Well-Being通信】本山雅英の『Well-Beingと私』第10回◆独自の概念モジュール、ユニット

2016年5月27日 金曜日 配信

読者の皆さん、こんにちは。

(株)ウェルビーイング・ジャパン
代表の本山雅英でございます。

ファシリテーションに関連する技法は、沢山あります。
私は、それらを小さい順に、モジュール、ユニット、
プログラム、カリキュラムと区分しています。 (さらに…)

  • 2018年度 健康経営優良法人
  • 研修事例のご紹介
  • 未病チェック